痛風の原因は、遺伝?生活環境?

大人になると気になる病気の一つに「痛風」があります。痛風は体の中に尿酸が溜まることによって症状を生じる病気で、激しい痛みを伴うこともあるので、ぜひ日頃から気を付けておきたいものです。では、具体的にどんなことに気を付けていけば良いのでしょうか。

痛風の原因は、生活習慣の乱れ、バランスの悪い食生活など生活環境によることが多いです。脂っこい食事や、ワインやビールなどのアルコール類を過剰に摂取しすぎないなど、毎日のちょっとした食習慣を見直すことで予防できます。

運動不足も原因となることが多いので、日頃から適度な運動を取り入れるのが効果的です。また、生活環境だけでなく遺伝が関係してくることもあります。血縁者に痛風で苦しんでいる方がいる場合は、若いうちから注意を払っておく必要があります。

家族など近しい関係の方が痛風の場合は、一緒に食習慣や生活習慣を見直せば、治療にも予防にも繋がって良いですね。正しい知識や行動を身に付けて、健康な体をキープして下さいね。

 

痛風はサプリメントの作用で治すことができる

痛風は尿酸値が異常に上がるとなってしまう病気です。運動不足や食べすぎ、飲みすぎなどが原因です。食材に含まれているプリン体を多く摂取することによって尿酸値が上がるとされています。なので、プリン体が少ない、カットされた食材を選ぶことが痛風の予防になります。

また、水分を取ることも大事なことです。水分を取ることにより、尿の量が多くなるので尿と共に尿酸を排出することができます。水分不足は身体にも良くないので、こまめに水分を補給するように心がけましょう。ミネラルやビタミン不足も栄養素が代謝されないので、尿酸合成を増加させてしまいます。

最近では痛風の予防・改善サプリメントの選び方@成分と価格でランキングされた栄養成分が豊富なサプリメントが多く販売されていますので、必要な栄養素が摂取できるはずです。痛風予防に効果を与える作用や血液をサラサラにして尿酸が血液中でもスムーズに運ばれていくようにする効果も考えて開発されているサプリメントもありますので、必要に合わせて購入することができます。

痛風は食材で治療することもできますが、サプリメントの方がより簡単に改善する効果が得られるでしょう。